高い技術力で剛毛でもしっかり処理する事ができる

脱毛のメカニズム

照射

脱毛効果が得られる仕組みを知ろう

毛周期や脱毛のメカニズムなどの基本的な知識は、脱毛サロンで脱毛をやっている人でも知らない人が少なくないです。成長期と退行期と休止期は、どんな体毛にも存在する毛周期(ヘアサイクル)というリズムです。髪の毛以外のムダ毛には、だいたい2ヶ月〜3ヶ月をワンサイクルとして毛周期が巡ってきます。脱毛サロンに昔からある黒色メラニンに反応する光を使うIPL脱毛は、「成長期」の体毛に対してやると大きな効果が得られることが分かっています。それは成長期の毛は毛根としっかり繋がっているので、光を照射すると毛を通して根っこにある細胞までエネルギーが届きやすいためです。逆に退行期や休止期の体毛は細胞と繋がっていないので、光を照射しても脱毛効果が得られにくいのです。ただSHR脱毛の場合は細胞とは関係ないバルジ領域にアピールするため、毛周期は無関係にいつやっても脱毛効果が得られます。バルジ領域とは発毛を司る器官であり、この領域にダメージを与えることに着目して開発されたのがSHR脱毛です。成長期がターゲットのIPL脱毛は2ヶ月ごと脱毛サロンに通うのが普通ですが、バルジ領域に働きかけるSHR脱毛なら1週間置きにやって2ヶ月程度で終わることもあります。また毛包を覆うように柔らかく光が包み込むので、施術をするときに痛くないのもメリットの一つです。肌への優しさや仕上がりのスピーディーさなどから、最近はSHR脱毛を取り入れている脱毛サロンが急速に拡大しつつあります。

Copyright© 2020 高い技術力で剛毛でもしっかり処理する事ができる All Rights Reserved.